dbマイグレーションとは単なるデータコピーではない

バナー

dbマイグレーションとは単なるデータコピーではない

データベースを移行させることをdbマイグレーションというのですが、データベースの移行とは、データベースのデータを単に移行先にコピーすればいいだけ、といったものではないのです。たとえ同じデータベース製品であるデータベースを、そっくり他のコンピューター・システム上に移行させるだけといった場合でさえ、移行先にそのデータベース製品が導入されていなければ、データベース・ソフトのインストールを行った上で、データベースの構築をし直さなければなりません。

dbマイグレーションの情報もあります。

また、同種のデータベース・ソフトは導入されている場合であっても、データベース構築のし直しは、やはりしなければならないわけなのです。

livedoorニュースの最新情報を公開しています。

さらには、移行先のコンピューター・システムのOS自体は同じであっても、バージョンが違っていたり、OSの種類そのものが違っているということになれば、移行元のデータベース・ソフトをそのまま導入できないこともあって、そうした場合には、移行先のOSバージョンに会ったデータベース・バージョンのものをインストールしたり、OSの種類自体が違っている場合には、そのOS対応のデータベース・ソフトをインストールしなければならなくなります。



このように、dbマイグレーションの場合には、テキストファイルを移行させる場合とは違って、その環境変動の状況に応じて、いろいろと手間と時間を要する作業を行わねばなりません。

実際には、dbマイグレーションというのは、移行先にデータベースの再構築を行う、といった作業になってしまう場合が少なくないのです。